Recycling 世代から世代へ。人から人へ。
貴金属製品の買取
貴金属製品の査定・買取について
古代から私たちを魅了してやまない貴金属ですが、その需要は「希少性」にあります。
現在、世界から発掘されている金の量は50メートル四方のプール1杯分だと言われております。新たに金を発見することは難しく、市場に出回る金のほとんどが再利用されているのが現状です。

実はアクセサリーやジュエリーだけではなく、携帯電話やパソコンにも純粋な貴金属が使われております。近年年間でパソコンがおよそ1,000万台、携帯電話はおよそ3,000万台廃棄されています。これらの廃棄物には純粋な貴金属が使用されているため「眠れる資源」として注目を集めております。廃棄してしまうのではなく、資源を守るためにもリサイクルすることが推奨されます。

また最近では貴金属が投資目的として売買されております。特に貨幣の価値が変動する時期に、「安定資産」として金の需要が高まります。そのため円高の影響もあり、金の価値が一気に膨れ上がり、「金バブル」などとも呼ばれる現象も出てきております。
リング
使わない、壊れている、変形したリング
ブレスレット
使わない、ちぎれた、デザインの古いブレスレット
アクセサリー
使わないピアス、ペンダントトップ・カフスなど
その他
使えない金歯や汚れた金歯、万年筆のペン先、タンスに眠っている金杯… など
プラチナ製品の査定・買取について
プラチナは貴金属の中でも発掘量が特に少ない貴金属です。金と比較しても、金が原石1トンに5グラム取れるのに対し、プラチナは原石1トンに3グラムしかとることができません。またプラチナの鉱脈自体が金と比較しても少なく、貴金属の中でも希少性の高い金属となっております。プラチナといえば結婚指輪などに使われるイメージが強い金属ですが、実は産業用に用いられることが多いのです。近年では宝飾品としてよりも、液晶テレビなどのパネルやハードディスクに使用されることが多く、需要が高まってきております。
リング
使わない、壊れている、変形したリング
ブレスレット
使わない、ちぎれた、デザインの古いブレスレット
アクセサリー
使わないピアス、ペンダントトップ・カフスなど

PAGE TOP